フォトギャラリー野鳥図鑑(夜の鳥)

夜の鳥 ムクドリ大~カラス大(ヨタカ、フクロウのなかま)

ヨタカ

ヨタカ目ヨタカ科
全長:29cm
夕暮から夜明けまで、キョキョキョキョと続けて鳴く。
ヨタカについて詳しくはこちらをご参照ください


コノハズク

フクロウ目フクロウ科
全長:20cm
高い声でブッキョーとかブッキョーコーと鳴く。
コノハズクについて詳しくはこちらをご参照ください


オオコノハズク

フクロウ目フクロウ科
全長:25cm
コノハズクより大きく、目に赤味。
オオコノハズクについて詳しくはこちらをご参照ください


アオバズク

フクロウ目フクロウ科
全長:29cm
ハト大でホーホーと二声ずつ鳴く。
アオバズクについて詳しくはこちらをご参照ください


コミミズク

フクロウ目フクロウ科
全長:38cm
ハトより大きく、開けた環境を好む。
コミミズクについて詳しくはこちらをご参照ください


トラフズク

フクロウ目フクロウ科
全長:38cm
コミミズクより耳のような羽が長く、目に赤味。
トラフズクについて詳しくはこちらをご参照ください


フクロウ

フクロウ目フクロウ科
全長:50cm
カラス大で、黒い目。
フクロウについて詳しくはこちらをご参照ください


シマフクロウ

フクロウ目フクロウ科
全長:70cm
日本のフクロウで最大。長くて幅の広い羽角を持つ。
シマフクロウについて詳しくはこちらをご参照ください

←山野の鳥の目次に戻る