フォトギャラリー野鳥図鑑(草地の鳥)

草地の鳥 スズメ大(ヒバリ、ウグイス、ホオジロ、小型ツグミのなかま、ほか)

ヒバリ

スズメ目ヒバリ科
全長:17cm
足を交互に出して歩く。時々冠羽が立って見える。
ヒバリについて詳しくはこちらをご参照ください


クビワコウテンシ

スズメ目ヒバリ科
全長:16~19cm
西アジアから中央アジアに生息する。
クビワコウテンシについて詳しくはこちらをご参照ください


セッカ

スズメ目ウグイス科
全長:12cm
スズメより小さく、飛びながらヒッ、ヒッと鳴く(さえずり)。
セッカについて詳しくはこちらをご参照ください


ムジセッカ

スズメ目ウグイス科
全長:11cm
上面は灰褐色。細いが明瞭な眉斑がある。
ムジセッカについて詳しくはこちらをご参照ください


コヨシキリ

スズメ目ウグイス科
全長:13cm
スズメより小さく、白い眉斑の上が黒い。
コヨシキリについて詳しくはこちらをご参照ください


ウチヤマセンニュウ

スズメ目ウグイス科
全長:17cm
伊豆諸島などの草地に飛来。
ウチヤマセンニュウについて詳しくはこちらをご参照ください


マキノセンニュウ

スズメ目ウグイス科
全長:12cm
北海道の海岸に近い草地に飛来。
マキノセンニュウについて詳しくはこちらをご参照ください


シマセンニュウ

スズメ目ウグイス科
全長:15cm
北海道の草地、湿地に飛来。
シマセンニュウについて詳しくはこちらをご参照ください


シマアオジ

スズメ目ホオジロ科
全長:16cm
北海道の海岸に近い草地に飛来。
シマアオジについて詳しくはこちらをご参照ください


ホオアカ

スズメ目ホオジロ科
全長:16cm
ほおが赤茶色。
ホオアカについて詳しくはこちらをご参照ください


キマユホオジロ

スズメ目ホオジロ科
全長:15.5cm
雄の夏羽では眉斑が黄色。
キマユホオジロについて詳しくはこちらをご参照ください

ノビタキ

スズメ目ホオジロ科
全長:13cm
目立つところにとまってジャッ、ジャッと鳴く。
ノビタキについて詳しくはこちらをご参照ください

ノゴマ

スズメ目ツグミ科
全長:15cm
北海道の草地や低木林に飛来。
ノゴマについて詳しくはこちらをご参照ください


サバクヒタキ

スズメ目ツグミ科
全長:14.5cm
雄の夏羽では、頭の背は灰褐色。翼は黒い。
サバクヒタキについて詳しくはこちらをご参照ください


マミジロタヒバリ

セキレイ目タヒバリ科
全長:18cm
タヒバリより大きくて足が長く、後指の爪は特に長い。
マミジロタヒバリについて詳しくはこちらをご参照ください

←山野の鳥の目次に戻る

草地の鳥 ムクドリ大以上(キジ、シギ、カラスのなかま、ほか)

ウズラ

キジ目キジ科
全長:20cm
スズメより大きく、ずんぐり太って見える。
ウズラについて詳しくはこちらをご参照ください

オオジシギ

チドリ目シギ科
全長:30cm
タシギに似ているが、水辺では秋・春に通過。
オオジシギについて詳しくはこちらをご参照ください

コクマルガラス

スズメ目カラス科
全長:33cm
ミヤマガラスに混じっていることが多いハト大のカラス。
コクマルガラスについて詳しくはこちらをご参照ください


ミヤマガラス

スズメ目カラス科
全長:47cm
西日本に多く飛来し、ハシボソガラスよりやや小さい。
ミヤマガラスについて詳しくはこちらをご参照ください

ヤツガシラ

ブッポウソウ目ヤツガシラ科
全長:26cm
頭に大きな冠羽があり、くちばしは長く細く下に曲がっている。
ヤツガシラについて詳しくはこちらをご参照ください

オオカラモズ

スズメ目モズ科
全長:31cm
大きくて尾が長い。頭から背、腰は灰色。
オオカラモズについて詳しくはこちらをご参照ください

ギンムクドリ

スズメ目ムクドリ科
全長:24cm
雄は頭部が橙黄色、喉と上胸は白い。
ギンムクドリについて詳しくはこちらをご参照ください

←山野の鳥の目次に戻る