野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第40回 「ハチドリのようなものが花の蜜を吸っていましたが、日本にもハチドリがいるのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第40回(2008年9・10月号) 「ハチドリのようなものが花の蜜を吸っていましたが、日本にもハチドリがいるのですか?」

東南アジアに渡る途中のヒタキ科の小鳥に、身近な緑地でも出会える頃となりました。彼らは飛んでいる虫を食べるので、スズメよりも飛び方が素早いという共通点があります。
question ハチドリのようなものが花の蜜を吸っていましたが、日本にもハチドリがいるのですか?
answer ハチドリ科の鳥は300種以上いますが、すべてアメリカ大陸だけに分布しています。日本であれば、吸蜜する姿がハチドリのように見える昼行性のガの仲間と思われます。


おまけ情報

 ホウジャクと呼ばれるスズメガ科の数種は昼行性で、花を訪れます。羽(前翅)を広げた長さで小さいホシヒメホウジャクが45ミリ、大きなクロホウジャクやホウジャクでは65ミリ程度で、胴が太く、素早く飛ぶだけでなく、空中で羽ばたきながら静止して吸蜜する姿はハチドリそっくりです。さらに、口吻をのばすとそれがくちばしやハチドリがのばした舌のようにも見えます。鱗翅目に分類される昆虫の90%以上はガの仲間とされますが、学術的にはチョウとガは区別できず、フランスやドイツのように分けない国もあります。スズメガ科だけでも世界で1,000種、日本でも100種近くに及びます。

リーダー役の方へ

 生物の地理的分布では、日本の屋久島以北はユーラシア大陸を中心とした「旧北区」とされ、日本からイギリスまでは共通の科や種が多くいます。北アメリカは「新北区」、中南米は「新熱帯区」とされ、アマツバメ目ハチドリ科やタカ目コンドル科に分類される鳥たちはこれらの地域だけに分布しています。また、スズメ目のミソサザイ科やホオジロ科の種が非常に多いので、彼らはアメリカ起源でアラスカ経由で旧北区にも広がったと考えられます。日本でもトカラ列島以南は「東洋区」とされ、カンムリワシやリュウキュウツバメなどの南西諸島ならではの鳥は、アジアの分布の北限になります。東洋区にもハチドリはいませんが、蜜を好む鳥はタイヨウチョウ科、ミツスイ科、ハナドリ科など少なくありません。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ