野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第39回 「種と亜種は、どう違うのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第39回(2008年8月号) 「種と亜種は、どう違うのですか?」

成鳥がしない変なことをしている若い鳥を見るとしたら、だいたい夏までです。学習によって変なことをしなくなるのか、学習できない個体は生きのびられないのかはわかりませんが、がんばれ若鳥と声をかけたくなります。
question 種と亜種は、どう違うのですか?
answer 生物の分類単位として、目、科、属、種がありますが、同じ種の鳥でも繁殖する地域によって形態的な違いがある場合、さらに亜種として区別することがあります。


おまけ情報

 種は分類の基本単位とされますが、種という存在があるわけではありません。ある生物の個体を「何という種とするか」という見解によるものですから、説や時代によって違いが生じることもあります。「一つの種は同じ形態やくらし方を持ち、遺伝的に独立している」とされ、「種が違うと子孫が残せない」と言われますが、遺伝的多様性、個体差もあるし、異種間の交雑もあります。亜種の区分はさらに難しいことが多く、どこまでの違いをもって亜種として分けるのかという見解の違いや、野外識別は不可能とされる亜種もあるので、野外で楽しむ範囲なら、わかりにくい種や亜種にこだわらなくてもよいでしょう。

リーダー役の方へ

 亜種の識別や研究は、地域個体群の保護という観点からは重要です。日本鳥学会の『日本鳥類目録』(改訂第6版、2000年)ではヒヨドリは8亜種、メジロは6亜種、ウグイスは5亜種に分けられています。そこでは絶滅と記してある亜種ダイトウウグイスが、沖縄や奄美で発見されたと新聞記事にもなりましたが、これは、亜種リュウキュウウグイスとされていた鳥をよく調べてみたら亜種ダイトウウグイスだったということのようです。また、近年、亜種チョウセンウグイスも観察されていますが、これをウグイスとは別種とする見解もあるので、見解によって日本のウグイスは1種にも2種にもなります。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ