野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第38回 「ハトの巣にヒナがいましたが、親鳥が給餌に来ません。どうしたらよいでしょう?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第38回(2008年7月号) 「ハトの巣にヒナがいましたが、親鳥が給餌に来ません。どうしたらよいでしょう?」

野鳥の子育ての多くは夏までに終わるので、7月中旬頃からは、換羽(羽が抜けかわること)やシギたちの南下が始まるでしょう。ハト類は例外で、子育てや換羽が季節を問わずに見られます。
question ハトの巣にヒナがいましたが、親鳥が給餌に来ません。どうしたらよいでしょう?
answer 人が見ていることで親鳥が警戒して給餌できないこともあるので、巣の近くでは長居しないよう注意しましょう。ハト類はヒナへの給餌回数が少ないのが普通ですし、頻繁に給餌する小鳥でも巣立ち前に控える時があります。


写真/石田光史

おまけ情報

 小鳥では2週間ほどでヒナを巣立たせる間、親鳥が数分おきに虫を運んでくるのが普通です。キジバトやカワラバト(ドバト)でも巣立ちまで3週間は要しませんが、親鳥は飲み込んだタネを元に、消化器官の内側の脂肪やタンパク質を含んだ細胞を剥離させ、栄養価が高いミルク状の液体にしてヒナに与えます。このため給餌回数が少なくてもいいし、年中繁殖できるので、求愛、ペアやファミリーが秋冬でも見られます。また、換羽は繁殖後が原則なので、羽が落ちる時期は夏から秋に集中しますが、ハト類の羽は、季節を問わず拾うことができます。

リーダー役の方へ

 連載2回目(2005年5月号)で「野鳥のヒナは何日で巣立つのですか?」について紹介しましたが、生きのびる方が少ない野生のくらしでは、短期間の子育て、早い成長が原則。繁殖成功率も低いので、失敗後の再挑戦中というペアもいるでしょうが、5〜6月に巣立ったヒナはすでに親鳥に似た姿になっています。親鳥と見分けるには、声や行動にも注目しましょう。
 丸裸で目も見えないヒナが生まれ、巣内で育ってから巣立つ(晩成性)点ではハト類も小鳥と同じですが、地上営巣の鳥では、産毛のような羽毛に覆われて孵化し、目が見えるヒナ(早成性)もいます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ