野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第37回 「カラスは小鳥の仲間と聞いたのですが、本当ですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第37回(2008年6月号) 「カラスは小鳥の仲間と聞いたのですが、本当ですか?」

鳥たちの子育てシーズン真っ最中、あなたが出会う野鳥はお父さんかお母さんか、その子どものはずですが、カラスの場合にはまだ繁殖できない若い鳥が見られます。
question カラスは小鳥の仲間と聞いたのですが、本当ですか?
answer 小型の鳥を小鳥と呼ぶことが多いのですが、小型や小鳥の定義は学術上ではありません。スズメ目に分類される鳥を小鳥と呼ぶとしたら、カラス科はスズメ目としては当てはまることになります。


写真/石田光史

おまけ情報

 分類の単位には目一科一属一種などがあり、世界の鳥類は30近い目に分類されます。スズメ目は森で進化したので、その複雑な環境ごとにさまざまな小型の種が生まれたと考えられ、今日、鳥類全種の半数以上を占めています。共通点のひとつに、鳴管筋と呼ばれる鳴く仕組みが発達していることがあり、茂った環境で複雑なさえずりを発達させたとも考えられます。日本でスズメ目に分類される30科ではスズメより小さいものからムクドリ大までの種がほとんどですが、カラス科はカケスやコクマルガラスでほぼハト大、ハシボソガラスやハシブトガラスは、スズメ目では例外として大きな種といえます。

リーダー役の方へ

 ハシボソガラスやハシブトガラスは、明確なさえずりを持たないことのほかにも、親子関係が夏で終わらずに翌年の繁殖期前まで続くらしい、若い個体が翌年春まで生きのびても繁殖年齢に達しないなどの点で、スズメ目の例外的な存在と言えるかも知れません。この季節は、昨年生まれの若い個体でなければ、ペアで繁殖しているはずですが、巣やヒナに接近する人に親鳥が攻撃することがあるので、繁殖中の親鳥に注意すること、ハシブトガラスでは子どもの声が区別できる(成鳥と比べると甘い感じがする声)ので、怖い人はその声には近づかないようにするなどのご指導も忘れずに。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ