野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第36回 「鳥の目が白く見えることがあるのは、どうしてですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第36回(2008年4月号) 「鳥の目が白く見えることがあるのは、どうしてですか?」

冬鳥が北へ去り、南からの夏鳥の渡来が始まり、渡らない鳥たちでは求愛、番(つがい)形成、交尾や巣作りと、日々ドラマが展開する頃ですが、季節を問わない質問も寄せられます。
question 鳥の目が白く見えることがあるのは、どうしてですか?
answer カケスのように目が白い鳥でなくても、まぶたと眼球の間の瞬膜(しゅんまく)を閉じた時に、目が白っぽく見えることがあります。また、まぶたが白い鳥では寝ていると目の部分が白く見えることもあります。
  ここで目の色としたのは、中央にある黒い瞳孔の周囲の虹彩と呼ばれる部分で、亜種ミヤマカケスでは亜種カケスと異なり褐色系です。種によっては赤系や黄色系もあります。


おまけ情報

 脊椎動物の進化の中で、両生類の時代にできた瞬膜は、まぶたを閉じなくても瞳を保護したり、乾燥を防ぐことができるもので、爬虫類、鳥類と受け継がれてきました。ただ、閉じるのはほんの一瞬で、透明なものが多いので、ほとんど気づかれません。体も目も大きなダチョウやワニではわかりやすいのですが、野鳥では黒いカラス類が瞬膜が白っぽいので観察しやすく、私たちの瞬きと同じくらいの頻度で、閉じているようです。夜行性で嗅覚を発達させたほ乳類では退化し、私たちヒトでは目頭の内側にあるピンク色の肉のようなものがその名残です。

リーダー役の方へ

 カモ類などのまぶたが下から上に閉じるのは、天敵であるタカ類をいち早く察知するのに、目が上から開く点で有利と考えられます。「カワガラスは瞬膜が白い」という解説を聞くことがありますが、カワガラスもカモ類同様に白い下まぶたをよく閉じるので、それが瞬膜と間違われているのでしょう(瞬膜は半透明で、水中では閉じるはず)。カラス類を見ていると、瞬膜を閉じるほど頻繁にはまぶたを閉じません。ドバト(カワラバト)ではしばしば上まぶたを閉じているように見えますが、ハト類はまぶたと瞬膜を同時に閉じると記したものもあり、それぞれの鳥に何らかの事情や理由があるものと思われます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ