野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第34回 「足跡から、鳥の名前が分かりますか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第34回(2008年2月号) 「足跡から、鳥の名前が分かりますか?」

泥や雪の上に残された鳥たちの足跡…、「何という鳥のものか?」という興味もわきますが、「そこでどんなドラマが展開されたのか?」を想像するのも楽しいものです。
question 足跡から、鳥の名前が分かりますか?
answer 季節と場所から「そこにどんな鳥がいたのか?」を考え、歩き方、大きさや指の付き方、水掻きの有無や形などから仲間や種を絞り込むことができます。

おまけ情報

 鳥の足指は4本で、1本だけが後ろを向いている(後趾)のが普通ですが、チドリ目チドリ科などは前3本のみが多く、カッコウ目など2本が後ろ向き、アマツバメ目アマツバメ科など4本とも前向きの鳥もいます。スズメ目に分類される小鳥のように大きさや形が似ている種が多い場合は、種までは特定しにくいのですが、スズメ目ではホッピング(両足を揃えて跳ねる)が多いので、ウォーキング(左右の足を交互に出す)ならヒバリ科・セキレイ科・ムクドリ科などに限られます。また、ヒバリ科やセキレイ科のタヒバリ類は後趾の爪が長いとか、キジ科の足跡はカラス類より指が大きく開くなどの特徴も見分けに役立ちます。

リーダー役の方へ

 『フィールドガイド日本の野鳥』の増補改訂版(2007年10月発行)では、行動の見分け方に加えて、古巣・卵・羽・フンやペリットなど痕跡の観察ポイントにも触れるようにしました。それぞれに十分なスペースを割けたわけではないし、名前すなわち種まで絞り込むのは難しい場合も多いのですが、「分かること」より前に「分かるためにはどうしたらよいか」や「楽しみ方」が重要と考え、さまざまな視点を紹介しました。なお、水掻きがある鳥では前3本指の間に2枚の水掻きが普通ですが、ペリカン目では4本指の間に3枚の水掻きがあり(かつて全蹼【ぜんぼく】目と呼ばれたのはそのため)、サギ科やシギ科・チドリ科にも小さな水掻きがある種がいます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ