野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第33回 「古巣から、使った鳥の名はわかりますか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第33回(2008年1月号) 「古巣から、使った鳥の名はわかりますか?」

葉が散ると、野鳥たちの古巣が目につくようになります。春から夏の子育て中には気づかなかったとしたら、それは親鳥たちが目立たないように作ったからこそと言えましょう。
question 古巣から、使った鳥の名はわかりますか?
answer 鳥の種によって巣の場所、巣材や形状、大きさなどに違いがあり、地域や環境(そこで、どんな鳥が繁殖していたか)から絞り込むこともできます。ただ、似たような巣を作る種がいたり、風雨などで形状が変わっていたりして、特定が難しい場合もあります。

おまけ情報

 枯れ草などを椀型に組む点では同じでも、ヒヨドリはやや高いところ、モズは低いところ、ホオジロは地面近くに作る傾向があります。また、ヒヨドリではやや粗雑ですが、モズは内側が緻密であるとか、メジロは横枝にハンモックのように下げますが、カワラヒワは枝上に乗せるように作るという違いもあります。スズメやシジュウカラの場合は穴の中に巣材を運び込むので外からは見えませんが、スズメは主に枯れ草や茎、シジュウカラは主にコケ類を使います。

リーダー役の方へ

 ヒナが巣立った後は使われないことが多いので、古巣は落ちていた鳥の羽とともに、触れる教材として活用できます。卵を産み落とす産座には柔らかい毛や羽毛を敷き詰めてあるとか、同じ種でも地域や個体によって巣材や形に違いがあるなど、子どもでも詳しい観察が可能です(東富士支部では、子どもたちに巣材の人工物を調べてもらい、ゴミを減らすキャンペーンに展開させています)。また、小枝などを集めて鳥の巣を真似て作ってみる環境教育プログラムでは、巣材集めや組み立ての苦労も実感できます。

*参考:黒田長久監修、柿沢亮三・小海途銀次郎『日本の野鳥巣と卵図鑑』世界文化社 1999

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ