野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第32回 「鳥の年齢は見分けられますか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第32回(2007年12月号) 「鳥の年齢は見分けられますか?」

野鳥の成長段階について『フィールドガイド日本の野鳥(増補改訂版)』では、声、目や口の中の色、行動の違いなどにも触れましたが、今回は換羽(定期的に羽毛が抜けかわること)に絞って紹介します。
question 鳥の年齢は見分けられますか?
answer 羽の模様からまだ若いことがわかる種もいます。小鳥の多くは生まれた翌年の春には繁殖できるようになりますが、繁殖できるまで2年以上かかる大型の鳥では、外見から成長段階が推定できる種もいます。

おまけ情報

 ダウンのような軸がない羽毛が綿羽、1本の軸を中心に膜のように広がる羽毛が正羽で、ひなが孵化してから最初にまとう正羽が幼羽です。幼羽をまとった鳥を幼鳥と呼びますが、スズメのように幼羽は色が薄いなどの特徴があっても、巣立つとすぐに成鳥と変わらない大きさになるのが一般的です。秋までに換羽すると第1回冬羽、続いて翌年春に換羽すると第1回夏羽と呼び、第1回冬羽で全身の羽が成鳥と変わらない羽色になるスズメやヒヨドリのような種と、上図のアカハラのように翼などの一部に識別可能な幼羽が残ることで、若いことが見分けられる種がいます。ウミネコでは第3回夏羽を経てから翼端の白斑、くちばしや足の色も含めて成鳥の姿になるものが多いようです。

リーダー役の方へ

 換羽の仕方はまだ不明な種もありますが、仲間や種でほぼ決まっているようです。部分的な換羽もあるので、まず、どこにどんな羽が位置しているかを知っておくとよいでしょう。幼羽のチェックに役立つ大雨覆や中雨覆は、スズメでは翼の2本の白線となって見える部分です。自然界では、繁殖できるようになるまで生きのびる方が少ないので、冬に出会う若い小鳥たちは寒さや食物不足というサバイバルの最終段階を迎えており、春まで生き残れた一部が子育てに加わることになります。また、学習能力がある鳥たちですから、一冬を経て学習や経験を積んだ個体には何年も生きているものもいるでしょうが、老成するより先に動きが鈍くなれば、補食されるものが多いはずです。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ