野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第31回 「ドバトは野鳥ですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第31回(2007年11月号) 「ドバトは野鳥ですか?」

日頃見られる鳥をよく見ていると、秋は南や西に移動しているのに気づきます。例えば、上空を通過するアオバトに気づくためには、飛び方がキジバトよりドバトに近いことを知っているとよいでしょう。
question ドバトは野鳥ですか?
answer アフリカ北部から中国西部に分布するカワラバトを改良した伝書鳩、レース鳩などの家禽が逃げて野生化したものがドバトと呼ばれ、日本鳥学会の『日本鳥類目録』(改訂第6版、2000年)では外来種カワラバトとして記載されています。

おまけ情報

 日本産とされている関東のシラコバトや北九州のカササギも過去に国外から持ち込まれたものが定着したとの説があります。各地で定着し、繁殖もしている点では「野生鳥類」と呼べなくもないドバトですが、人による給餌やこぼれた飼料などを主な食物とし、建造物に営巣する(カワラバトの習性として、崖の隙間に営巣するため)など人への依存度は高いと言えます。キジバトより群れになる習性が強く、はばたきがなめらかな(キジバトはギクギクとした感じ)点はアオバトに似ていますが、分類上はカラスバトと同属です。求愛時のオスは喉と尾羽を広げてゴロッポポと鳴くほか、営巣中にウー、ヒナはピーという声を出します。

リーダー役の方へ

 野鳥のチェックリストでは「番外ドバト(カワラバト)」として扱う例が多いようですが、外来種が増加している近年、それらを記録することには意味があります(山地や小笠原諸島など、ドバトが繁殖していない地域もある)。また、大きさや体型、羽の各部の確認、滑翔時に翼端が上がることなど、近くでじっくり観察できるので、野外識別の基礎に役立ちます。若い個体では上嘴基部にある白い瘤状のものが白くなく(通常鈍い赤味を帯びる)、脚の色は成鳥より赤味が鮮やかな傾向があるように思われます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ