野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第30回 「日本に野鳥は何種いるのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第30回(2007年10月号) 「日本に野鳥は何種いるのですか?」

静かだったヒヨドリが再び賑やかになってきたら、換羽が終わって移動の季節を迎えたことになります。9〜10月は、身近な緑地でもキビタキやツツドリなどが渡り途中に一休みしていることがあります。
question 日本に野鳥は何種いるのですか?
answer 「日本産」や「野鳥」の定義、「種」の扱い(分類上の説で違いがある)など見解によって違いますが、日本鳥学会の『日本鳥類目録』(改訂第6版、2000年)では542種を掲載、日本野鳥の会の『フィールドガイド日本の野鳥』(増補改訂版、2007年10月発行予定)では約600種を紹介しています。

『フィールドガイド日本の野鳥』増補改訂版で新たに追記した種の例

コウテンシの写真
写真/田仲謙介
ジョウビタキ
ヒメウタイムシクイ
イエスズメ
イラスト(2〜4)/谷口高司

おまけ情報

 上記の『日本鳥類目録』では、日本の野生では絶滅とされるトキ、キタタキなど10種が含まれています。ほかに外来種としてコウライキジ、コジュケイ、カワラバト(ドバト)など26種を掲載しています。また、検討中の34種・亜種の記載もあり、検討中の理由として「同定可能な写真または標本がない」・「2亜種以上ある種で、亜種を同定できない」・「同定に疑問がある」・「自然分布とするには疑問がある」・「論文として公表されていない」などが付記されています。亜種とは種以下の分類単位ですが、コウライキジやオオトラツグミなどは、それぞれをキジやトラツグミの亜種とする説と別種とする説があるように、見解の違いもあります。

リーダー役の方へ

 このたび発行の『フィールドガイド日本の野鳥』増補改訂版では、555種(ほか外来種13種)を扱った増補版(1989年)を元に、当会の野鳥記録委員会(当時)による検討を増補版に反映させた以後(1989〜2006年)、日本野鳥の会・日本鳥学会・山階鳥類研究所が発行した学術誌に論文や短報が掲載された種、日本鳥類目録で新たに掲載および検討中とされた種で今後も観察されそうな種を中心に38種(ほか外来種4種および野生化した家禽3種)を追記しました。ほかにも観察例などを補足説明した種はありますが、「野外識別が難しい」「分類上の説が定まらない」などの理由で種を特定できないものや誤認情報も増えているので、多くの情報を扱う方針にはしませんでした。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ