野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第29回 「野鳥の大きさはどうやって測るのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第29回(2007年9月号) 「野鳥の大きさはどうやって測るのですか?」

野鳥の世界では、夏までに子育てを終えるのが普通です。親鳥から独立した若い鳥たちは、食物探しや天敵や危険から逃れたり、渡りに至るまで試練の季節を迎えているでしょう。
question 野鳥の大きさはどうやって測るのですか?
answer 野鳥は許可無く捕獲できないので、野外での大きさはスズメ・ムクドリ・ハト・カラスなどの身近な鳥と比べて推測するのが基本です。図鑑に記されている全長(嘴の先から尾羽の先まで)の数字だけでは判断できません。

似た鳥を見分ける大きさの手がかり

yajirusiヒタキ類のメスや若鳥:スズメと比べると小さいキビタキ(1)と、大きいオオルリ(2)。
キビタキの写真 オオルリの写真

yajirusiハヤブサ類:ハト大のチョウゲンボウ(3)とハシボソガラス大のハヤブサ(4)
タカ科・ ハヤブサ科はオスよりメスが大きいので、カラス大とおおざっぱにしないでハシボソガラスやハシブトガラスの区別をして比較した方がよい。
チョウゲンボウの写真 ハヤブサの写真

yajirusiチドリ類やカモメ類:ムクドリ大のムナグロ(5)とカラス大以下のカモメ(6)
それ ぞれによく似た、ダイゼンとセグロカモメは一回り大きい。
ムナグロの写真 カモメの写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

 スズメでも伸びをして翼を広げた時や、寒い時などに羽毛を膨らませていると大きく感じます。カラスサイズの鳥でも、遠ければ点にしか見えません。ツバメは翼や尾が長いので、飛行中は大きく思えますが、体重はスズメの半分ほどだし、同じ鳥でも開けた場所にポツンといると実際より小さく見える傾向もあります。身近な鳥を比較の基準にするにも、さまざまなシチュエーションを経験して慣れることが必要です。全長は、鳥を仰向けに寝かせてくびを軽く伸ばした状態で測定するために測定値に差異が生じやすく、雌雄や亜種や個体による違いもあるので、図鑑に記された数値も、目安の一つに過ぎません。

リーダー役の方へ

 秋に発行予定の『フィールドガイド日本の野鳥』の改訂では、スズメの全長は14.5cmと修正しませんでした。海外の図鑑では違う数値も記されていますが、日本での測定値では、『野鳥便覧』による135〜148mmを否定するデータは見つからなかったためです(平均値144mmとして14.5cmにしてある)。学術上は全長より誤差が少ない測定が好ましく、上記のスズメの場合は、嘴峰(嘴の長さ)10〜12mm、翼長(静止時の翼の長さ)65〜75mm、跗しょ(かかと〜足指の付け根まで)16〜18mm、尾長50〜57mmなどの測定値が記されていますが、データによって違いがあります。

榎本佳樹『野鳥便覧』日本野鳥の會大阪支部 1941
ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ