野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第27回 「子育て中のツバメをカラスから守るにはどうしたらよいですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第27回(2007年7月号) 「子育て中のツバメをカラスから守るにはどうしたらよいですか?」

野鳥たちの子育ては7〜8月で終わるのが普通です。それまではペアやファミリーのドラマが各地で展開されていることでしょう。
question 子育て中のツバメをカラスから守るにはどうしたらよいですか?
answer ツバメ自身が防衛することもあるし、カラスも子育ての時期ですから、自然に任せるのも選択肢ですが、ツバメの巣への攻撃を防ぐ方法として、ひもを垂らして効果を上げている例があります。
ツバメなどの写真
(写真1〜3/石田光史)

おまけ情報

 カラスはツバメ以上に人を恐れるので、巣の近くに人がいると、結果としてそれだけでツバメを防衛することになります。また、藤本和典氏(*)によれば、細いひも(1m20cmくらい)に重りを付けたものを、80cm間隔にノレン状につるして巣を囲ってやるとよいそうです(ツバメは翼を広げると32cmほどですが、ハシブトガラスでは105cmほどになります)。ただし、巣の周りに変化があると、ツバメも警戒し子育てを放棄することもありえるので注意しましょう(繁殖初期に危険と判断すると放棄して、別の場所でやり直す親鳥が少なくない)。

リーダー役の方へ

 小鳥たちは2〜3週間でヒナを巣立たせますが、それにはたくさんの虫が必要です。ツバメの場合は巣造りに湿った土も必要ですから、人が虫や近所のどろんこを許容できないようでは、カラスばかりを悪者にできないと思います。しかし、目の前でか弱いひなが襲われるのを、見過ごせない気持ちも理解して差し上げなくてはなりません。特に感情的になっている方には、「短期集中で毎年繰り返される子育ては、繁殖成功率の低さに対応していること」「生態系での雑食性の鳥や捕食者の役割」などを説明しても逆効果になることが多いものです。

*参考:藤本和典「アウトドアのすべてがわかるOutdoor A to Z/身近で出会う週末自然観察入門」山と溪谷社 1999

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ