野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第26回「『野鳥の巣には近づかないように』と言われますが、どこまでなら近づいてもよいのでしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第26回(2007年6月号)
「『野鳥の巣には近づかないように』と言われますが、どこまでなら近づいてもよいのでしょうか?」

スズメのひなはわずか2週間ほどで巣立ちますが、それまでに親鳥が虫を与える回数は1日平均300回に及ぶと言われています。
question 『野鳥の巣には近づかないように』と言われますが、どこまでなら近づいてもよいのでしょうか?
answer 親鳥を警戒させない距離を保つことが原則です。警戒の程度には繁殖の場所や進行状況、種や個体による違いもありますが、親鳥の声や行動から推測できます。
ヒガラ、シジュウガラ、古巣の写真と説明
(写真/石田光史)

おまけ情報

 野鳥の巣は人目に触れないように作られるのが普通ですから、野外で気づかないまま親鳥を警戒させていることがあります。人家に営巣するスズメでさえ、巣の近くの人に警戒した親鳥が、ヒナへの給餌をためらっていると、ヒナが餓死したり、死に至らないまでも成長に影響を与えてしまうことがあります。警戒を意味する声としてシジュウカラではジュクジュクジュク、ムクドリではジャーッがあります。

リーダー役の方へ

 親鳥の警戒心は、一般に繁殖の初期の段階の方が強いと言われます。それはヒナの成長とともに親鳥へのエサの催促が活発になることにも関係しているのではないでしょうか?
つまり、警戒心とヒナに給餌したいという葛藤の中で、後者が勝っていくとも考えられます。私たち人間が、まったくスズメやツバメを脅かさずに日常生活を送ることは難しいかもしれませんが、野鳥にストレスをかけていることを自覚できれば、配慮することはできるでしょう。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ