野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第25回 「落ちていた卵から、産んだ野鳥の名がわかりますか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第25回(2007年5月号) 「落ちていた卵から、産んだ野鳥の名がわかりますか?」

葉は生い茂り、虫たちが動きだし、多くの小鳥が虫を餌に子育てに入る5月。夏鳥の渡来は北海道まで及び、渡来が遅いカッコウ、ホトトギスなども到着します。
question 落ちていた卵から、産んだ野鳥の名がわかりますか
answer 卵のサイズから鳥の大きさを推測し、地域や環境から可能性のある種を考えることができます。色や模様でわかる種もありますが、同じ種の同じ鳥でも模様が違う卵を産むこともあります。
卵のイラスト
(イラスト/谷口高司)

おまけ情報

 身近な野鳥では、メジロの卵は小さく、淡く緑がかった白。スズメの卵はさまざまですが、灰白色や淡青色の地に、青系・褐色系の小さな斑が多数あるものが多く、シジュウカラとツバメの卵は、白地に赤褐色の斑です。ムクドリは淡い緑青色、ヒヨドリは赤みがかった白地に斑があるものが多いです。キジバトは白く、ハシブトガラスは緑青色の地に多数の斑があります。カラス大でもカルガモの卵は大きく、長径5.6センチ、短径4.3センチあり、白っぽく無斑です。

リーダー役の方へ

 フィールドマナー「近づかないで野鳥の巣」の季節になりましたが、野鳥の繁殖成功率は高くはありません。昨年生まれで今年初めて繁殖するようなペアもいるので、親鳥自身が卵を落とすような失敗もありえます。他の鳥や獣に補食される卵もあるし、順調な場合でも、孵化した殻を親鳥が巣の外に捨てるという習性があるので、時々、卵や殻が落ちていることがあります。なお、カモ類の卵が大きいのは早成性(孵化したひなは綿羽に覆われていて、間もなく歩き出す)だからです。

*参考文献:黒田長久監修、柿沢亮三・小海途銀次郎、「日本の野鳥巣と卵図鑑」、世界文化社、1999

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ