野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第22回 「野鳥はどこで死ぬのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第22回(2007年2月号) 「野鳥はどこで死ぬのですか?」

寒さや食物不足というサバイバルの時期、野外で野鳥の死体を見かけることもありますが、多くはありません。なぜでしょう?
question 野鳥はどこで死ぬのですか?
answer 飢えや病気、怪我などによってどこでも死ぬ可能性はありますが、動きが鈍くなったり弱ったりした段階で、捕食者や雑食性の動物に食べられるものの方が多いと思われます。
写真
(ハイタカの写真/石田光史)

おまけ情報

野鳥の多くは毎年春に複数の卵を産み、ヒナが生きのびれば翌年春には成鳥となって繁殖に加わります。増えすぎてすみかや食物が不足することにならないのは、若い個体の多くはひと冬を越せないためではないでしょうか? 一方、タカなどの小鳥を食べる側はもともと数が少ないし、狩りの失敗が続いて命を落とすものもいるはずですから、小鳥を食い尽くすことはありません。タカに狩られるのは弱った小鳥や経験不足の若い小鳥が多いと考えられます。

リーダー役の方へ

スズメの平均寿命が約1年3ヶ月というデータがありますが、ひと冬越せた一部は数年以上生きる可能性があります。もし1割も親になるとしたら野生生物では高い生存率で、小鳥に食べられる側の虫では1%もないのが普通でしょう。さまざまな種が共存している自然界では、命の多くは他の生物の食物になることで、さまざまな種や役割の共存が成り立っています。死体があっても、それを食べる虫がいるし、最終的には微生物などによって無機物に分解されて植物の生育に貢献することになり、持続可能な自然の仕組みの一端を担っています。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ