野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第21回 「図鑑を見てもカモメの仲間が見分けられません。どうしたらよいでしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第21回(2007年1月号)
「図鑑を見てもカモメの仲間が見分けられません。どうしたらよいでしょうか?」

カモメの季節となりました。港のような人の近くで普通に見られ(沖には少なく、岸沿いにいるものが多い)、森の小鳥と比べると開けたところでじっくり観察できるという魅力もあるのですが・・・。
question 図鑑を見てもカモメの仲間が見分けられません。どうしたらよいでしょうか?
answer 野鳥を楽しむのに、種名がすべてわかる必要はありません。カモメ類では識別や分類にさまざまな見解や議論があり、個体差や交雑もあって見分けられない個体もいます。見分けようとするなら、まず、基本的な種の成鳥の典型的な特徴をつかみましょう。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

「カモメの仲間」は風が強いところで飛びながら食物を探すので細長い翼をしており、見つけやすいし、種までわからなくても、しぐさを見る楽しみもあります。種を見分けたい人は、冬以外も見られるウミネコや、淡水域も含め身近にも渡来するユリカモメ(カラスより小さい小型カモメの代表)がわかるようになれば、それらと比較して推測できる種ができてきます。ただし、色や体型などの微妙な違いをチェックする必要があるので、距離や天候、角度などによっては判断できないこともあります。

リーダー役の方へ

野鳥の識別に取り組む人が増え、新たな観察例や知見が次々に話題になる一方で、混乱する人も増えています。特に大型カモメは日本鳥学会が認めている種の倍以上の名前が取り上げられますが、それらの分類や亜種・個体差・交雑の可能性を含め、よくわかっているわけではありません。わからない鳥をわかるようにするには、まずその特徴を的確に観察し記録することが大切で、客観的な観察例の公表や蓄積、論文が検討されることが望まれています。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ