野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第20回 「カモのメスは、どうやって見分けるのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第20回(2006年12月号) 「カモのメスは、どうやって見分けるのですか?」

カモ類のオスは冬に求愛するので、寒くなるにつれて派手な姿になって見分けやすくなります。でも、選ぶ側のメスは地味なままで、どの種もよく似ています。
question カモのメスは、どうやって見分けるのですか?
answer カモ類のメスと地味な時期のオスは、簡単には種を見分けられません。見分けるとしたら、体型や行動からよく潜るカモの仲間かどうかを絞り、次いで大きさや体型、くちばしや顔・翼の模様(ひろげた時に見える)などが種を識別するポイントになります。
写真
(写真@〜B/石田光史)

おまけ情報

野外識別には慣れが必要。慣れるには楽しんで続けた方がよいので、はじめから難しいチャレンジはお勧めできません。無理してメスを見分けるより、冬にはペアができるので、近くにいるはずのオスから推測しておくのもよいでしょう。なお、よく潜るカモは海に多く、「潜水ガモ」とか「海ガモ」などと呼ばれますが、キンクロハジロやホシハジロは淡水にも普通にいます。

リーダー役の方へ

シギ・タカ・カモメなどの仲間にも野外識別が難しい種、不可能な種がいます。遺伝的に近いとされるカモ類やカモメ類の中には、種を特定できない交雑種がいることもあります。カモの識別指導では、くちばしや体型からカイツブリ・オオバン・ウなどと区別する、見る機会が多いカルガモを基準に比べてみるなども考えられるし、「仲間ごとの体型のワケ」「オスが衣替えするワケ」や「どうしてカルガモは例外なのか?」も話題にできます。

*当会発行の「新・水辺の鳥」などでは、ひろげた翼が識別点となる鳥は飛翔図が掲載されています。当ホームページの「野鳥の見分け方」にもカモやカモメの飛翔図をまとめたページがあります。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ