野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第19回 「冬鳥は、日本に何種いるのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第19回(2006年11月号) 「冬鳥は、日本に何種いるのですか?」

ジョウビタキやツグミ、カモ類やカモメ類などの冬鳥とは出会いましたか? 彼らのふるさとは北極圏、カムチャツカ、朝鮮半島、北海道など種や個体によってさまざまです。
question 冬鳥は、日本に何種いるのですか?
answer 日本の野鳥を555種とした場合に冬鳥約22%とした事例では、120種以上になります(ただし、これらの数字は日本の野鳥を何種とするか、渡り鳥の定義や基準とする地域によって違ってきます)。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

上記の事例では、日本国内を基準にして夏鳥約10%、旅鳥約15%、迷鳥約16%、そ の他の渡り鳥1%としていますが、国内に越冬地域があるツバメやサシバは、日本では1年中見られることになるので、留鳥約36%に含まれています。カイツブリ・キジバト・カワセミ・ヒバリも留鳥とされていますが、北海道では春夏しかいない夏鳥なので、本州以南には秋に南下してくる冬鳥もいるはずです。ヒヨドリなどは同じ地域内でも留鳥、夏鳥、冬鳥、旅鳥の4タイプがいるようです。

リーダー役の方へ

繁殖地と越冬地との定期的な移動を「渡り」とし、スズメの若い個体が秋に移動するような例は、長距離であっても「分散」と捉えるのが普通です。「冥王星は惑星か否か」「鳥類は恐竜に含まれるのか」と同様、定義によって違いが生じることが少なくありません。なお、上記の数字は当会発行『フィールドガイド日本の野鳥』(高野伸二著)によりましたが、日本鳥学会の『日本鳥類目録』(改訂第6版、2000)では542種を日本産鳥類とし、そのほか、外来種26種、検討中の34種・亜種の記載があります。

※上記にシメについて「北海道で夏鳥」と記しましたが、その後、道内の会員から「冬の給餌台の常連です」とのご指摘をいただきました。越冬個体を含めれば「留鳥」と言えるので、「北海道では夏鳥もいます」と、お詫びして訂正させていただきます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ