野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第18回 「野鳥が渡るところを見たいのですが、いつ、どこに行けばよいでしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第18回(2006年10月号)
「野鳥が渡るところを見たいのですが、いつ、どこに行けばよいでしょうか?」

なぜ?どのように?など、渡りについてはまだわかっていないことが多いのですが、渡り鳥には身近でも出会うことができ、季節や神秘を感じることができます。
question 野鳥が渡るところを見たいのですが、いつ、どこに行けばよいでしょうか?
answer 9〜10月に、海に突き出した地形でその先に陸地があるようなところが、野鳥が多く渡って行くコースになるようです。ヒヨドリ・ツバメ類・タカ類・アマツバメ類などは内陸の各地でも、天気のいい朝に、西や南に移動するのが見られます。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

測量山(北海道)や竜飛岬(青森県)、伊良湖岬(愛知県)、佐多岬(九州)など、渡りの名所とされる場所もあります。
渡る時期や時間は種によって違い、地域や年、その日の天候によって違うこともありますが、夏鳥が東南アジア方面に南下するのは9〜10月、冬鳥がシベリア東部から南下してくるのは10〜11月が中心。多くは危険や体温上昇を避けるように夜に渡りますが、天敵が少なく気流を利用できるツル・ハクチョウ・タカなどの大型種、飛翔能力に優れ飛びながら採食できるツバメやアマツバメ、移動距離が長くないと考えられるヒヨドリ、メジロ、カケスなどは昼に見られます(気温が上がる前、朝に多い傾向があります)。

リーダー役の方へ

秋は身近な緑地でも、南下途中の小鳥がいることがあり、飛んでいる虫を好むヒタキ類もミズキの実が黒く熟していると食べに来ます。スズメより素早い飛翔が目安になりますが、春の北上の時期のようにさえずらないし、地味なメスや幼鳥が多いので、見分けるには注意が必要です。冬鳥として南下が早いのはカモ類。オスが派手になる前は見分けにくいのですが、くちばしの先を見てカルガモでなければ、渡ってきた冬鳥の可能性大、警戒心が強ければ渡来当初と思われます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ