野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第17回 「縞模様の羽根を拾いましたが、タカの羽根でしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第17回(2006年9月号) 「縞模様の羽根を拾いましたが、タカの羽根でしょうか?」

ムクドリなどのねぐらが賑わう頃ですが、冬には数が減るのが普通です。小鳥の増えすぎを抑える存在としてタカがいますが、拾った羽根からタカが見分けられるものでしょうか。
question 縞模様の羽根を拾いましたが、タカの羽根でしょうか?
answer タカの仲間の羽根には鷹斑と呼ばれる縞模様がありますが、フクロウ、キジ、カッコウの仲間にも縞模様が見られます。羽根から鳥のサイズを推測し、拾った場所や季節からそこにいる可能性がある鳥を検討してみましょう。
写真

おまけ情報

ハトサイズの羽根なら、住宅地でも可能性があるタカは、ツミやハイタカ(ただし北海道以外ではハイタカが低地にいるのは秋冬が普通)。農地や河川があればチョウゲンボウも考えられます。 縞模様の羽根でも、柔らかい感触ならフクロウの仲間、ハトサイズで身近にいるものはアオバズクです。また、軸のカーブが強い風切羽ならキジの仲間。山奥でなければキジ(山奥ではヤマドリも考えられる)でしょう。また、スズメサイズで住宅地であれば、コゲラの翼や尾羽にも縞模様があります。

リーダー役の方へ

黒田長久名誉会長が83年10月号に書かれた「ワシタカの生物学」には、鷹斑の効果として、黄色の鋭い目とともに、獲物に対する威圧効果が考えられ、托卵性のカッコウ類の縞模様はタカへの擬態と思われるとの記載があります。さまざまな模様の意味についてわかっていることは少ないのですが、常に命がけであり、生きのびるのが当たり前ではない自然界にあって、どうやって子孫をつないできたのかを考えると、想像できることが少なくありません。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ