野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第12回 「最近、近所で野鳥が減ってきたようで心配です。どうしたのでしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第12回(2006年3月号) 「最近、近所で野鳥が減ってきたようで心配です。どうしたのでしょうか?」

シジュウカラに続いて、メジロやカワラヒワなどもさえずり始める季節です。さえずりはラブソングの意味があるので繁殖期が始まる知らせです。また、身近なところから野鳥の姿が減っていく合図でもあります。
question 最近、近所で野鳥が減ってきたようで心配です。どうしたのでしょうか?
answer 虫が活動を始める頃であれば、小鳥の多くが虫を食べるようになって、身近では姿を目にする機会が減ってきます。また、春とともに群れは分散し、山地や北へ移動する鳥も多いので、特に本州以南の低地では、数も種類も減った印象を受けるのが普通です。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

野鳥の数に注意を向けることは大切ですが、増減については、長期的な記録をまとめて解析しないとわかりません。年による変動もあり、数が減った翌年は、生存競争が減るなどして増えることもありえます。季節変化もあり、庭やベランダでエサをあげている場合は、そのエサは植物質のはずですから、小鳥が虫の増えすぎを抑えていることを考えれば、春夏はエサに来なくなったほうがよいとも言えます。身近に野鳥を呼びたい場合は、水を飲んだり浴びたりできる場を用意するなどの工夫もできます。

リーダー役の方へ

数の増減については、地域による違いもあるのでスズメやカラスでもよくわかっていません。ある種が減少している場合、営巣環境や繁殖期の食物に変化があれば春夏の繁殖成功率の低下が考えられますが、秋冬の生存率も関係しているかも知れません。地域ごと、季節ごとに採食やねぐらなどの環境、天敵や死亡要因の動向、渡り鳥であれば中継地も含めて因果関係を総合的に調べて解析、検討する必要があります。なお、春に北上する鳥が多い理由としては、ひとつに、食物資源が季節的に集中する北の方が、繁殖に有利になることが考えられます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ