野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第10回 「今年は冬鳥が少ないようですが、どうしてですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第10回(2006年1月号) 「今年は冬鳥が少ないようですが、どうしてですか?」

「野鳥が増えた」「減った」という問い合わせが多いのですが、鳥の数は簡単にはわかりません。特に、冬の暮らしは不安定で、年によっても数や時期に変動があることが知られています。
question 年は冬鳥が少ないようですが、どうしてですか?
answer 渡来数は地域や時期で違いがあるので、種ごとに総合的、長期的に調べないとわかりません。ある地域である種の数が少なかったとしたら、その種の繁殖状況がよくなかった可能性もありますが、食物条件などがよい他の地域で冬を越したのかもしれません。

写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

【冬鳥とは】
小鳥からカモ類のような水鳥まで多くの種がいて、繁殖地は中国やロシアの東部からアラスカに至るまでさまざま考えられます。ジョウビタキやシロハラでは朝鮮半島、シメやアオジでは北海道や山地でも繁殖するものがいます。
【地域や時期の違い】
ジョウビタキやモズのように1羽ずつなわばりをかまえる鳥は移動が少ないですが、食物を求めて移動を続ける鳥もいます。冬を越せずに死ぬものもいますし、秋の渡来時に少なくても、春先に渡去する際に多く見られるなど、見る時期によって数も違ってきます。

リーダー役の方へ

冬鳥に限らず、野鳥の生存率は高いものではありません。それでも滅びないのは、多くが毎年繁殖を繰り返すし、卵をたくさん産むし、一冬生きのびれば翌年春には繁殖できるためです。厳しいようですが、冬の寒さや食物不足を乗り越えた一部しか成鳥にはなれないし、生まれたヒナの多くが生きのびると食物やすみかが不足してしまうかも知れません。また、自然界には死体を食べる生き物も少なくないし、猛禽類では弱った鳥がいないと、飢死するものもいるでしょう。一方、鳥類はほ乳類とともに学習能力があるので、一部でも一年を経験した個体では数年〜10年以上も生きるものもいると考えられます。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ