野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第9回 「変わったカモがいましたが、図鑑に載っていません。何でしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第9回(2005年12月号) 「変わったカモがいましたが、図鑑に載っていません。何でしょうか?」

寒さとともに、冬に恋の季節を迎えるカモたち。オスは、メスにもてるように衣替えを済ませたでしょうか? 衣替え中は変なカモに見えるし、逃げ出した飼鳥が見られることもあります。
question 変わったカモがいましたが、図鑑に載っていません。何でしょうか?
answer 人を恐れないとしたら野生化したアヒル、ガチョウ、バリケンなどの可能性があります。原種と同じ色から白色化したもの、その中間でまだら模様など、さまざまなものが見られます。
写真

おまけ情報

【原種と見分け方】
アヒルはマガモ、ガチョウはガン類、バリケンはノバリケン(南米産)を飼鳥として改良したもの。アヒルはマガモより大きめ・太めであることが多く、ガチョウはずっと大きく、シナガチョウでは額がこぶ状にでっぱります。バリケンは、くちばしから眼にかけて赤い皮膚が露出しているのが特徴です。
【野鳥だとしたら】
オスのカモは、メスのような羽色から徐々に衣替えをするので、秋はさまざまな姿が見られます(カルガモは例外で、冬になってもオスが派手になりません)。

リーダー役の方へ

【外来種や飼鳥の問題】
当会発行の『新・山野の鳥(20頁)』『新・水辺の鳥(24頁)』では、9刷発行を機会にガビチョウやバリケンなどの記載を追加しました。これら外来種や飼鳥の野生化は、生態系に与える影響、野生種との交雑などが懸念されています。
【飼鳥でも換羽中のオスでもないとしたら】
カモ類はメス同士がよく似ており、互いに近縁と考えられます。種間の交雑を避けるために、オスはその種独特の派手な羽をまとって求愛するのでしょうが、まれに交雑が見られます。交雑で生まれた個体は2種の特徴を合わせ持っています。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ