野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第8回 「『巣箱をかけるなら秋冬がよい』と聞きましたが、どうしてですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第8回(2005年11月号) 「『巣箱をかけるなら秋冬がよい』と聞きましたが、どうしてですか?」

ジョウビタキやツグミなどの冬鳥とは、出会えましたか? 秋が深まる頃、北の国から渡ってくる鳥たちとともに、巣箱やえさ台についての質問が増えてきます。
question 「巣箱をかけるなら秋冬がよい」と聞きましたが、どうしてですか?
answer 春に巣作りが始まる前にかけておかないと、利用される可能性が低いためです。また、シジュウカラなど、冬もねぐらとして巣箱を利用する鳥もいます。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

【身近な場所に野鳥に来てもらうには】
周囲にどんな野鳥がいて、それぞれがどんなくらしをしているのかを知る必要があります。
【巣箱】
木の洞などの空間でヒナを育てる鳥が、春〜夏の繁殖期に利用します。繁殖期以外では、木の洞などで眠る鳥(シジュウカラ科、ゴジュウカラ科、キツツキ科など)がねぐらとして利用します。
【シジュウカラの場合】
「雄が、冬に盛んに穴のぞきをする」「春先にペアができると、雄が雌に穴を紹介するような行動をする」ことから、巣穴探しはかなり早くに始まっているようです。

リーダー役の方へ

【巣箱のつくり方やかけ方、えさ台】
基礎的なことは当会発行の『新・山野の鳥』(550円、55P〜)を参照、活用できるほか、ガイドブックとして『野鳥を呼ぶ庭づくり』(柚木修・陽子著、千早書房)『庭に鳥を呼ぶ本』(藤本和典著、文一総合出版)などもあります。
【巣箱のねぐらとしての利用】
『BINOS』(神奈川支部研究年報)vol.1ではシジュウカラやアオゲラの例が報告されています。巣箱では1羽ずつで眠っているのが普通ですが、私がウトナイ湖サンクチュアリにいた頃、冬の巣箱にスズメが2羽で入っていたことがあります。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ