野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第6回 「家に野鳥が飛び込んできましたが、どうすればよいでしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第6回(2005年9月号) 
「家に野鳥が飛び込んできましたが、どうすればよいでしょうか?」

夏が終わる頃、野鳥の子の多くは独立し、移動や渡りも始まります。秋から冬を生きのびた一部しか親鳥になれないという自然界の原則の中で、経験の少ない若い鳥にとっては試練の季節と言えましょう。
question 家に野鳥が飛び込んできましたが、どうすればよいでしょうか?
answer 無理につかまえようとすると、鳥は恐怖でパニックになり、ぶつかってケガをさせたり弱らせる恐れがあります。窓を開けるなどして放置しておき、鳥が自分で出て行くようにするのがよいでしょう。
写真
(センダイムシクイの写真/石田光史)

おまけ情報

鳥の多くは、昼の間は高いところや明るい方向に出ていこうとするようです。秋は渡りの途中であることが多く、夜に渡る鳥が多いので、日没後に出ていくこともあります。どうしても「開けられない」などの事情で捕獲しないと助けられない場合は、捕虫網を使う手がありますが、それでもケガをさせることがあるし、うまく網に入っても「翼をたたんだ状態で、上から胴体の部分をつかむ」「素早くつかまなくてはならないが、力を入れすぎてはならない」など、放してやるまでには技術を要します。また、くちばしでケガをさせられることもあるので、安全や衛生のために、手袋も必要です。

リーダー役の方へ

「ウグイスの子どもが飛び込んできた」という問い合わせをよく受けますが、大抵はセンダイムシクイなどのスズメより小さな小鳥です。若い個体であることが多いと思われますが、巣立つ段階で親と同じようなサイズになっているのが普通ですから、大きさで年齢はわかりません。また、小鳥の場合、親子が共にいるのは巣立ち後の僅かな期間で、今年生まれの鳥でもすでに自立しており、1羽でも渡っていくことも解説しましょう。「親とはぐれた迷子だから、養ってあげなくてはならない」と心配してしまう人がいるからです。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ