野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第5回 「夏休みにバードウォッチングに行きたいのですが、どこに行けばよいでしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第5回(2005年8月号) 
「夏休みにバードウォッチングに行きたいのですが、どこに行けばよいでしょうか?」

多くの野鳥が子育てを終え、さえずりがやみ、換羽期(羽が抜けかわる時期)を迎える8月、山野の鳥は気付きにくくなりますが、水辺の鳥は賑わい始めます。
question 夏休みにバードウォッチングに行きたいのですが、どこに行けばよいでしょうか?
answer 野鳥はどこにでもいますが、お勧めはサンクチュアリなど施設を利用できるところ。さえずりがだんだん静かになる夏は山野ならできるだけ早い時期、水辺ではシギ・チドリ類が渡ってくる干潟・河口・田んぼがあるところがよいでしょう。
*サンクチュアリについては当会HPでくわしく紹介されています。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

【遠くに出かける前に】
いろいろな鳥に気づき、見分けられるようになるには、身近にいる鳥からわかるようにしましょう(大きさ、体型、声などの特徴は身近な鳥と比べる必要がある)。ハトやスズメも双眼鏡で野鳥を捉える訓練の対象になるし、「ペアか、親子か?」「何をしているか?」など注目すべき点はたくさんあります。
【北国からの旅人】
シギ・チドリ類は北極で子育てするものが多く、日本より南で冬を越すために、夏に南下が始まります。茂みに多い小鳥などと違い姿や行動をじっくり観察でき、慣れてくると「シギか、チドリか」はすぐわかるようになります。

リーダー役の方へ

山野では種や目立つ鳥が少ないので「リーダー泣かせの8月」と言う人もいます。でも、鳥が少ないだけに見分けやすく、絞った観察をしやすいので初心者向きとも言えます。また、どこでもよく羽が落ちている時期で、身近でさえカワラヒワやオナガなどの美しい羽も拾えます。シギ・チドリ類の場合は似た種が多いので、すべてわかろうとせず「見分けやすい種に絞って探す」「識別以外のテーマを用意する」などの工夫をするとよいでしょう。唯一の難点は暑さですが、谷津干潟や東京港野鳥公園など冷房付きの施設もあります。

ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ