野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第4回 「水辺にカラスほどの大きさの鳥がじっとしていましたが、図鑑に載っていません。何でしょうか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第4回(2005年7月号) 「水辺にカラスほどの大きさの鳥がじっとしていましたが、図鑑に載っていません。何でしょうか?」

野鳥のヒナは巣立ち前後に親鳥と同じサイズになるのが普通ですが、色や模様は異なるものが少なくありません。そのような若い段階の鳥まで、すべて図鑑に載っているとは限りません。
question 水辺にカラスほどの大きさの鳥がじっとしていましたが、図鑑に載っていません。何でしょうか?
answer 動きが少なくて茶色っぽい鳥なら、若いゴイサギではないでしょうか? 大きさや体型、足の色は成鳥と同じですが、それ以外は違います。特に褐色をした背や翼に白っぽい斑点があるのが若いゴイサギの特徴です。
写真
(写真/安西英明)

おまけ情報

【幼鳥】
ヒナに最初に生えそろう羽が「幼羽」で、幼羽をまとっている鳥を「幼鳥」と呼びます。スズメなら顔の黒い斑が薄い、カワラヒワでは腹に濃い斑点があるなどが成鳥と異なりますが、秋までに羽が抜け替わる(第1回冬羽)と成鳥とよく似た姿になって、翌年春には繁殖できるようになります。
【若鳥】
繁殖できるまで2年以上かかるツル、サギ、カモメ、タカなどの仲間で、幼羽から成鳥の羽になる途中段階などを「若鳥」と表す図鑑もありますが、若鳥の定義は定まっていません。

リーダー役の方へ

野外では、色、形、大きさなど、条件や印象によって図鑑と違って見えることも多いので、見かけの情報に限らず、場所(地域や環境)や季節から可能性を絞ることも必要です。本当に図鑑に載っていないとしたら、幼鳥や若鳥、あるいは外国産の鳥の可能性があります。雌雄によって姿が違う鳥、季節や年齢で変わる鳥、その途中段階の鳥、さらに個体差もあるので、それらを識別するには経験を要します。「楽しみながら続ける」「よく見られる、わかりやすいもの(成鳥雄の夏羽など)からわかるようにする」のがよいでしょう。

※『野鳥』誌では繁殖行動に影響を与える(た)と思われる写真は掲載しないようにしています。
巣立ち後であっても、親鳥を警戒させるようなら控えましょう。
ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ