野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN
HOME > 楽しみ方のヒント > 教えて?安西さん > 第3回 「どうして野鳥のヒナを拾ったらいけないのですか?」

楽しみ方のヒント

 

教えて?安西さん

第3回(2005年6月号) 「どうして野鳥のヒナを拾ったらいけないのですか?」

初夏、巣立ち直後のヒナは一見迷子のように見えるため、拾われて親鳥から引き離されるケースが少なくありません。善意から誘拐に至らないように、「ヒナを拾わないで」キャンペーンが実施されています。
question どうして野鳥のヒナを拾ったらいけないのですか?
answer ヒナを助けないでと言っているわけではありません。手を出さない方がよいと思われるヒナが毎年たくさん拾われてしまうほか、心配した人がヒナの近くにいるために親鳥がヒナに近づけないケースも多いので、近づいたり手を出す前に、野鳥の子育てについて知っておこうと呼びかけているのです。
写真
(写真/石田光史)

おまけ情報

【学習と自立】
巣立ち直後のヒナはうまく飛べなかったり、人が近づいても逃げなかったりもしますが、親鳥についている短期間(小鳥では1週間から1か月ほど)に学習し、自分で食物をとるようになって独立していくのが原則です。
【手を出すとしたら】
ヒナを救うには、状況の判断、種の識別、種ごとの習性や保護飼育の知識、技術が必要です。保護飼育に取り組んでいる施設に持ち込めば対応してくれることもありますが、元々ヒナの生存率は低いので、生かすには大変な労力を要し、人に慣れて野外復帰させられなくなる鳥も多いこと、本来は捕獲段階で行政の許可を得なくてはならないことを知っておきましょう。

安西からのもうひとこと

野生生物は他の動物の食物になることが多く、ヒナは無事に巣立ったとしても、自立、移動、越冬などと試練が続くので、生きのびるのは僅かです。そのため、増えすぎて食物やすみかが不足することがないのが普通です。また、滅びることがないのは、冬を生きのびた一部は春にはもう子育てを始め、毎年繰り返す(しかも子沢山が普通)ためです。子育て中の小鳥は2、3分おきに1日300回も虫を運ぶことがざらです。ヒナの生存率を上げるために誰でもできることとして、野鳥のくらしを知り、むやみに虫を殺さない、虫のすみかを奪わないことなどがあります。

※『野鳥』誌では繁殖行動に影響を与える(た)と思われる写真は掲載しないようにしています。
巣立ち後であっても、親鳥を警戒させるようなら控えましょう。
ページトップへ
アカコッコからの手紙 サンクチュアリの現場から 季節の野鳥 生息環境別に野鳥を見る フォトギャラリー ライブカメラ 動画ギャラリー フォトギャラリー種類別バックナンバー 4コマまんが 野鳥にまつわるアレやコレ 野鳥クイズ 野鳥神経衰弱ゲーム 野鳥ジグソーパズル ぬりえ・オリジナル工作 よくある質問と回答 野鳥ことば事典 参考となる図書・資料 当会へのお問い合わせ ヒナをみつけた場合 ケガした鳥を見つけた場合 ご入会 ご寄付 ネットショッピング 日本野鳥の会とは 個人情報の取扱いについて リンクについて サイトマップ